10/25/2008

世界の終わり


別に世の中に対して悲観的になったわけではなく^^; 雑感。


最近好きな場所が図書館の上のほうの階で、おそらく学校の敷地内で一番標高の高い場所(と言っても5階)なので、見晴らしがいい。それで、昨日も外を眺めてしばらくぼんやりしてたら、なんかデジャブのような感覚に襲われる。


ん??と考えてたら、それは昔読んだ、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」という小説の、世界の終わりのような街の描写。うろ覚えだけど、確か四方が森に覆われて、その端は誰も越えられない塀が立ってて(マーシャルにはもちろん塀なんてないけど、街を出るととうもろこし畑しかない。他の場所に行くの大変)、自然が美しくて、悲しく静かに秩序だった平和な街。。。みたいな情景だった気がするんだけど。あとは、冬が長く厳しいという設定も同じ。


でも、都内某所の展望台から夜景を眺めるときも、いつも「ああーなんか世界の終わりみたいな感じがする」とか考えてた。設定が真逆なんだけど、あれはあれで物悲しいものがあったんだよなぁ。


多分私の中のイメージで、「世界の終わり」=静かできれいな場所 みたいなのがあるのかな。あと人が少ないのと。

2 comments:

  1. 七夕26/10/08

    最近、自分の中でゾンビ映画が流行ってます。
    どれも世界が終わる感じなのですが、もしもその場にいたら気が狂っていると思います。

    今しばらくの間、世界が終わらないことを願ってやみません。

    ReplyDelete
  2. 七夕くん

    ゾンビ・マイブームなのか(笑)
    君ならゾンビと対峙しても最後まで生き残れる数少ないタイプではないかと、私は思うよ^^

    世界が終わらないように、まずはしっかり北海道を守ってね。

    ReplyDelete